ガーデンダイアリー

2014年10月23日〜レイズドベッドの花壇づくり講座〜

2014年10月23日

先週10月15日に、恵泉女学園大学の公開講座「レイズドベッドを造ってみませんか?」が開催されました。

草花の手入れって、しゃがんだり中腰になることが多くて意外としんどいですよね。
レイズドベッド(raised-bed)の花壇は、地面をかさ上げして高くすることで、しゃがんだりせずに植物にふれたり香りを楽しんだりできるというもので、今回の講座では木製のレイズドベッド花壇を一日がかりで作りました。


まず、講師の深町さんが持参した電動工具などを使いながら、木材を必要な大きさに切り分け、パーツを作ります。
それから、パーツを組み立ててネジで固定。最後に耐水性のペンキを塗って完成です。
この日は、恵泉女学園大学の園芸療法講座を担当している澤田みどりさんも来て下さり、このような花壇を活かした園芸療法についてのお話も聞けました。

冷たい小雨のぱらつく中、屋根下スペースでの作業は昼休みをはさんで6時間以上に及びましたが、講師と受講生、それにボランティアも加わった10数人で黙々と作業し、辺りが暗くなる頃にようやく完成しました。

この花壇は3つの部分に分かれていて、イスや車イスが入れるように花壇の底が斜めにカットされている部分と立ったまま作業できる部分、そして真ん中にはベンチがあります。

今は施設の正面に置かれ、白やピンクのカルーナ(ツツジ科)が植えられています。完成して花が植えられた花壇も近々アップしますね。



 ★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★



数人ずつに分かれて、パーツの準備。

先生(左)の説明を受けながら、木材をカット。

できたパーツを組み立てていきます。

ペンキを塗り終わった頃には、暗くなりはじめていました。

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ