花とみどりの見どころ

寒風の中で(2018.12.28)

2018年12月28日

冬至を過ぎて、一段と空気が冷たくなってきました。

水琴窟の脇で、マホニア 'チャリティ' が見頃です
Berberis × hortensis 'Charity'/Mahonia × media 'Charity')。
庭先や公園などでよく見るヒイラギナンテン(Berberis japonica)を親にした園芸品種で、ヒイラギナンテンより株が大きく、花がたくさんついて見応えがあります。

今年もよく花が咲きました。冬の日差しに黄色い花が映えて、きれいです。ほんのり甘い香りもしますよ。

散策路では、メタセコイアの葉が落葉してじゅうたんのよう。あちこちに顔を出したマンリョウの赤い実が映えます。
ブルーベリーもあざやかに紅葉しています。年が明けても赤い葉を楽しむことができ、ガーデンを囲むように彩っています。

冬から春の花壇には、ビオラリナリア(姫キンギョソウ)キンセンカなど、寒さに強く可愛らしい草花が入りました。

今年の営業も今日で終わり。たくさんのご来館ありがとうございました。


◎ヒイラギナンテンについて
これまでメギ属の近縁とされながら「ヒイラギナンテン属」という一つの独立した属として扱われてきました。近年研究が進み、メギ属に含まれることが明らかになりました。>> 詳しくはこちらをご覧下さい。「みんなの趣味の園芸」


★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

ヒイラギナンテンの園芸品種
「マホニア 'チャリティ'」

メタセコイアの葉のじゅうたんに、マンリョウの赤い実が映えます

ブルーベリーの紅葉

雪のように白いリナリアと小さなビオラ

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
新着記事
年月アーカイブ