花とみどりの見どころ

ハーブの花盛り(2016.5.14)

2016年05月14日

ポタジェ(説明はこちらをクリック)などで、ハーブが見頃を迎えています。

◎コモンセージ/シソ科サルビア属
「サルビア」や「セージ」と呼ばれる植物はたくさんありますが、一般に「セージ」といえばコモンセージのこと。学名は Salvia officinalis。肉料理のなどの風味付けに使われるポピュラーなハーブです。

◎フレンチラベンダー/シソ科ラヴァンドゥラ属
うさぎの耳のような「苞(ほう)」が可愛らしいですね。紫、ピンク、ライムグリーン、白など花色も豊富で、ナチュラルな雰囲気の花壇におすすめです。半耐寒性で、多摩でも外で冬越しします。

◎チャイブ/ネギ科ネギ属 (旧ユリ科)
ネギの仲間でアサツキに近い種類です。和名はエゾネギ。小さく刻んでスープの浮きみなどに利用します。小さなネギ坊主のような花も可愛いです。サラダなどの彩りに。

◎ジャーマン・カモミール/キク科マトリカリア属
リンゴのような香りの花は、ハーブティーや浴用などで人気があります。1年草ですが、こぼれ種で翌年も咲きます。ローマン・カモミールは多年草で、葉からもリンゴの香りがします。

その他、エルダー(西洋ニワトコ)、コンフリー、ルッコラ、宿根アマ、ミニトマトなども咲いています。


★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

コモンセージ

フレンチラベンダーとポピー

チャイブの花

ジャーマン・カモミール

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ