花とみどりの見どころ

初夏のガーデンより (2014.5.17)

2014年05月17日

今日もいい天気。いろいろな花が青空に映えてきれいです。

◎カルミア(ツツジ科カルミア属)
北アメリカ東部に自生します。大きいものは5m近くになるそうです。ピンクの金平糖のようなつぼみがたくさんついた大きなカルミアを見てみたいですね。花開くと傘を開いたようで、これも可愛いです。事務室前の少し奥まった所で咲いています。

◎コモンセージ(シソ科サルビア属)
ヨモギのような香りと、淡い苦みのある葉は、ソーセージなど肉料理に合います。ポピュラーなハーブですが、花がこんなに美しいのはご存知でしたか。キッチンハーブのコーナーで、カモミールと並んで伸びやかに咲いています。

◎スイートピー(マメ科レンリソウ属)
スイートピーのトンネル、今年は紫色のグラデーションやクリーム色にほんのりピンクが入ったものなど咲いています。「スイートピー」という名前のとおり、とても甘い香りでうっとりしてしまいますよ。花束にもよく使われますが、やっぱり植えてあるものは香りの強さも違います。

スイカズラ(スイカズラ科スイカズラ属)
どことなく洋風の趣きのする花ですが、日本や中国に自生していて漢方でも利用されているそうです。甘い香りのする花は、咲き始め白く、だんだん黄色っぽく変化していきます。ガーデンの周囲にある溶岩の壁に這わせてあります。

この時期は白や紫色の花が多いでしょうか。初夏の気分にぴったりですね。


 ★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

金平糖のようなつぼみの「カルミア」

淡い青紫色が美しいコモンセージ

スイートピー

スイカズラ(ハニーサックル)

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
新着記事
年月アーカイブ