GV活動日誌

平成28年度 第1回 緑の探検隊「竹の風味をいただく!」(2016.04.24)

2016年04月25日


毎月最終日曜日に開催されている「緑の探検隊」 子供向けの体験講座です。

今年度の1回目は、竹を使って大きなバウムクーヘン作りに挑戦です。

 

みなさんも一度は見たことのあるお菓子、バウムクーヘンですが、バウムクーヘンの意味や由来について、副隊長より説明がありました。

 

バウムクーヘンとは、ドイツ語で「木のお菓子」。

中心にドーナツ状の穴があり、断面に樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たケーキです。

一般に樹木は、一年の雨季と乾季によって成長のスピードが異なることで年輪(成長輪)が作られます。

年輪を数えることで、その木の樹齢や生育環境を調査することが出来るのです。

 

いよいよバウムクーヘン作りに挑戦します。

グリーンライブセンター内で採取した竹を、2mの長さに切って、竹の油を抜くために、表面を焼いていきます。

材料を混ぜた生地を、竹の表面に塗っていきます。火の上で竹を回しながら焼いていきます。

生地を塗る人、竹を回しながら焼く人、みんなで心をひとつにして...

目指すは焼きたてのバウムクーヘン!!

 

バウムクーヘンを焼きながら、今度は竹を縦に割った一方に生地を入れて、もう一方の竹でふたをして、竹パンケーキを焼きます。

 

去年は、竹の表面に穴をあけ、竹の子ご飯を炊きました。竹は食べられるし、いろんな道具にもなるし、本当に便利な植物です。

 

みんなで頑張って焼いたバウムクーヘン。1時間以上の作業ののち、無事完成しました!

副隊長がそっと竹をはずします。「...できた!」みんなから歓声が上がりました。

慎重に、竹を切ります。

大きなバームクーヘンになりますように。

だんだん大きくなってきました!

出来ました!年輪が見えますか?

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着記事
年月アーカイブ