ガーデンダイアリー

フクジュソウを移植しました(2018.12.6)

2018年12月06日

12月になりました。ガーデンのカツラはすっかり葉を落とし、メタセコイアイロハカエデ(イロハモミジ)が鮮やかに色づいて見頃を迎えています。

少しずつ冬支度が進む中、先日フクジュソウが移植されました。

元は水琴洞窟の脇、柏葉アジサイの株元にあったのですが、竹の根もはびこって窮屈そう。ボランティアさんが掘り起こして、散策路の日当たりの良い場所に引越しさせました。

3cmほどの白い芽が5個みつかりました。周りに新しい根が出ているので、しっかり根付くといいな。また来春も黄色い花を咲かせ、いち早く春の訪れを教えてくれるでしょう。


★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

散策路のイロハカエデ

掘り起こしたフクジュソウの芽。白くて可愛いですね

散策路の日当たりの良い場所にお引越し

フクジュソウ。元日草、福神草などめでたい別名が付いています

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
新着記事
年月アーカイブ