花とみどりの見どころ

バラの季節です(2022.5.14)

2022年05月20日

エントランス広場やガーデンのバラコーナーなど、園内100株以上のバラが次々と見頃を迎えています。

(写真上から)

◆クリムゾン・グローリー(Crimson Glory

1935年、戦前のドイツで作出。多くの赤いバラの親となった歴史のある品種です。ポールなどに這わせ、下から見上げるように仕立てています。濃厚なダマスクの香りがします。

 

◆ミッシェル・メイアン(Michele Meilland

1945年、フランスのバラ育種家フランシス・メイアンが愛娘の名を冠したバラです。アプリコットがかった微妙なピンク色と美しい姿、気品のある香りで多くのファンを魅了しています。

 

◆ホワイト・ノックアウト(White Knock Out

平咲きで中心がほんのりクリーム色になる素朴な雰囲気が魅力です。ノックアウトシリーズには、花つきが良く丈夫で育てやすいです。他に、ローズ色やピンク色などがあります。

 

◆パレード(Parade

エントランス広場の柱にたくさんの花をつけ、道行く人を楽しませています。長めの枝にうつむきがちに花をつけるので、柱に這わせて見上げる位置に咲かせています。濃いピンクの大きな花は豪華でチャーミングです。


57日~29日は《ローズ・ウィーク》。園内80種を超えるバラが、皆様のお越しをお待ちしております。


 

★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

 








クリムゾン・グローリー

ミッシェル・メイアン

ホワイト・ノックアウト

パレード

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ