花とみどりの見どころ

スノードロップが咲きました(2019.1.6)

2019年01月06日

新年おめでとうございます。
今年も、グリーンライブセンターの色々な植物を紹介していきます。

新春の庭では、スノードロップが咲いています。例年1月下旬から2月に咲き始めるのですが、今年は開花が少し早いようです。

スノードロップ(snowdrop=雪の雫)という呼び名は、16~17世紀に人気のあった雫型の真珠のイヤリングに由来するのだとか。
ヒガンバナ科マツユキソウ属の球根植物で、西はフランスから東はコーカサス山脈まで分布し、エーゲ海の島々やトルコ、ロシア南部など、気象条件の異なる地域に20種ほどが分布しています。

ヨーロッパで common snowdrop と呼ばれるのは、Galanthus nivalis、日本でよく出回っているのは、球根が比較的乾燥に強い Galanthus elwesii (Giant snowdrop)という品種です。
自生地では雪の間から花をのぞかせて咲き、クロッカスプリムラなどと並んで春を告げる花の一つです。

今日は寒の入り。確かに寒くなりました。庭では昨日、一昨日とシモバシラに氷の結晶が現れました。

これから一層寒さが厳しくなりそうです。
霜が降りると、植物の根にはかなりダメージですので、ご自宅の植物の防寒対策をお忘れなく。

---植物の育て方など相談は、ライブホール内《花とみどりの相談コーナー》までどうぞ。 火~金曜日10時~12時、13時~15時に実施(祝日含む)。


★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

桂の下のスノードロップ
(細長い葉は別の植物のもの)

こちらの花は、内側の緑の斑が目立っています(2013.2.17撮影)

庭のシモバシラ。冷え込んだ日の翌朝、氷の結晶が現れます

パンジーも日向ぼっこ

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
新着記事
年月アーカイブ