花とみどりの見どころ

今、見頃の植物 (2016.8.11)

2016年08月11日

一番上の写真、今事務室脇の畑になっているのですが、一体何の実でしょう。
誰もが一度は食べたことがある実です。

正解は「ゴマ」。3cmほどのさやの中に種子、いわゆるゴマがたくさん並んでいるのです。
ゴマ(胡麻/ゴマ科ゴマ属)はインド原産。
「世界最古の栽培植物」ともいわれ、日本でも奈良時代には栽培されていたそうです。実は約50%の油脂を含み、オレイン酸、リノール酸を主成分として栄養価も高い食品です。
熟すとさやが割れて中が見えるそうで、今から楽しみです。

その下がゴマの花。ホウセンカに似た咲き方をしています。暑い夏にホッとするような淡いピンク色の花です。

3番目は「マルバダケブキ(丸葉岳蕗/キク科メタカラコウ属)」。
晩秋に咲くツワブキに似ています。本州~四国、中国大陸の山地に自生します。
最近は、写真のように葉脈や茎が紫色の品種が出回っています。

一番下は「ナタマメ(鉈豆/マメ科ナタマメ属)」。
果実(豆)の形からこの名があります。大きく育つと50cmほどにもなり、まさにナタのようです。長さ10cmほどの若いサヤを薄切りにしたものが、福神漬けに利用されます。
日本に自生するナタマメ属の仲間に、ハマナタマメやタカナタマメなどがあります。

その他、園内ではフヨウ(真ん中の写真)鹿の子ユリユウガギク(柚香菊)チョウマメ(蝶豆)などが見ごろです。


★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

ゴマの果実(さや)

ゴマの花

マルバダケブキ

ナタマメ(白鉈豆)

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
新着記事
年月アーカイブ