ガーデンダイアリー

2016年01月14日

年が明けて2週間。遅くなりましたが、今年の正月飾りの写真です。

今年も温室前には、ボランティアスタッフ手作りの門松が立てられました。
周りも緑なので、写真は見づらいかもしれませんが、竹の断面の角度や節の入り方にも気を配っていて、プロ並みの出来です!

正月は5日から営業開始でしたが、隣の白山神社の初詣や公園を散歩している人達が門松の前で記念撮影をしていました。


2016年1月14日 ~新年を迎えて~の続きを読む

今年もスタッフ手作りの門松を
飾りました

2015年12月19日

温室の入口に、大きなクリスマスリースとツリーが飾りつけられました。
今年は、手作りのコニファのガーランドが自動ドアの入口をぐるっと縁取っています。リースはシックな色合いのリボンが素敵。大きな松ぼっくりが見事です。
(ガーランドの説明と2012年のクリスマスの様子はこちら)


クリスマスツリーには、リースと同じ色のリボンのついたベルや、園内で集めたピラカンサやサネカズラなどの赤い実、松ぼっくりが飾られています。
(クリスマスの飾りの説明と2013年のクリスマスの様子はこちら)

おなじみのイエス様の木のオブジェも飾られ、クリスマスが待ち遠しくなります。

2015年12月19日〜クリスマス飾り〜の続きを読む

緑あふれるクリスマス装飾です

2015年12月12日

今日は3つのイベントがありました。

◎午前中は、第15期「グリーンボランティア初級講座」の入講式。
市内の公園緑地で活動するボランティアの育成講座です。来年1月から10月まで月1回の講座で、雑木林の整備、植生観察、シイタケ菌や苗木の植付け等の実習を行います。
受講生の皆さん、安全第一でがんばって下さい。

4年目を迎えたがん哲学外来カフェの記念シンポジウムです。講演や4年間の報告、参加者がカフェへの思いを語り合う「私のがん哲カフェ」などがありました。

2015年12月12日〜イベント盛りだくさんの日でした〜の続きを読む

第15期目を迎えたグリーン
ボランティアの入講式

2015年12月10日

今日は、小さな和の空間『水琴窟(すいきんくつ)』の紹介です。

水琴窟は、日本庭園の装飾の一つです。手水鉢の前などに、底に小さな穴をあけた瓶を逆さに埋めて空洞を作り、穴から落ちた水滴が空洞に反響して発する音色を楽しむものです。

江戸時代から明治時代頃までは盛んに作られ、その後は廃れていたものが、1980年代に新聞やテレビで採り上げられ、広く知られるようになったそうです。


2015年12月10日〜水琴窟のご紹介〜の続きを読む

桜の落ち葉が和の風情です

2015年12月09日

今年も恒例の、グリーンボランティアによる「クリスマスリース作り講座」が開催されました。

葛(クズ)のつるを輪っかに編んだ土台に、木の実、コニファ(針葉樹)の葉、カラフルなリボンなどをつけて、オリジナルのリースを作ります。

松ぼっくりにドングリ、メタセコイア、ユリノキ、モミジバフウの実、ネコジャラシにトウガラシ、それにサワラやヒノキ、モミの木などの針葉樹の枝など。いろいろな材料が並べられ、参加した人達は大人も子供も楽しそうに選んで、思いおもいのリースを作っていました。

2015年12月5日 〜クリスマスリース作り講座〜の続きを読む

いろいろな材料があって、迷ってしまいます

4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
新着記事
年月アーカイブ