ガーデンダイアリー(2018年7月)

2018年07月15日

先週末、毎年恒例の「せいせき朝顔市~第36回ふるさと多摩夏まつり~」が開かれました。

会場の聖蹟桜ヶ丘駅西口の広場には、地元の農家が丹精込めて育てた約1,000鉢の苗が並びます。
また、朝顔の伝統的な栽培技術を広めたいと、地元農家が育てた苗を市民に譲り、そこで育てられた朝顔の展示会も同時に開かれています。


恵泉女学園大学では、5年前から学生有志がこの催しに参加・協力し、「朝顔プロジェクト」を立ち上げて今年も30鉢の苗を育てました。
また昨年から、咲いた花からタネを自家採種し、播種・育苗して行灯仕立ての鉢を育て、「朝顔の栽培を通して園芸の楽しさを知ってもらいたい」と活動しています。

せいせき朝顔市の朝顔(2018.7.15)の続きを読む

せいせき朝顔市の朝顔を販売中

2018年07月03日

先週末、関東地方では梅雨明けの発表がありました。
6月に梅雨明けするのは、1951年の観測開始から初めてのことだそうです。九州、四国から近畿、東海などはまだ明けていないのですが、どうしたんでしょう。

梅雨明け後は、30℃を超える真夏日が続いています。体調管理にはお気をつけ下さい。

今日は、朝から水彩画のグループの方達がみえて、ガーデンで絵を描いていました。よくこちらのガーデンを訪れ、四季折々の庭の絵を描いているグループです。
暑いガーデンを風が吹き抜ける様子が、絵からも伝わってくるようでした。

もうすぐ七夕(2018.7.3)の続きを読む

水彩画サークルの方達が
訪れました

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ