ガーデンダイアリー

2014年3月11日

2014年03月11日

東日本大震災から、今日で3年経ちました。

練馬区の花とみどりの相談所では、温室の建物が被害を受け、2012年から休園していました。昨年春に解体されることが決まり、温室の植物たちは、グリーンライブを始めかな島近辺の植物園で譲り受けました。

マンゴーやスターフルーツ、アボカドは鉢植えを温室入口のところに、年季の入った立派なハイビスカスやサンタンカはその隣の花壇に植えました。
他、大きなビカクシダ(コウモリラン)やインド菩提樹、寒蘭なども温室に展示しています。ヒマラヤユキノシタやオカメザクラ、アジサイなどは屋外に置いて、花の時期に楽しんでいただけたらと思います。大切に育てていきたいと思います。

あの日、グリーンライブセンターではエコプラザ主催のガーデニング講座を行っていました。幸い、受講生や来館のお客様、スタッフともケガもなくて済みましたが、地震とそれに伴う様々な事故によって、多くの人が被害を受けました。

三年経ち、改めて復興の難しさと、人と人とのつながりの大切さを感じています。


 ★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

ちょっと見にくいですが、マンゴー、スターフルーツ、アボカドが鉢に植えてあります。

植物を譲り受けた経緯とリストの書かれた札が、花壇に掲示されています

スターフルーツ。実がなっているものをいただきました。

カットしてみると「スター」の形ですね!

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
新着記事
年月アーカイブ