ガーデンダイアリー

2013年10月28日

2013年10月28日

今年も、ハロウィン関連のイベントで大学生のボランティアが活躍しました!

恵泉女学園大学の学生でグリーンライブセンターを拠点に活動するサークルのメンバーが、ランタンの見本作りとお客様対応を担当しました。
台風が近づいていてあいにくのお天気でしたが、本物のカボチャをくり抜いて楽しくランタンづくりができました。

☆10月24日 トリック・オア・トリートのプレゼント菓子袋詰め
多摩大学・梅澤ゼミと恵泉女学園大学の学生が集まって、閉館後にお菓子の袋詰めをしました。紙袋にシールを貼ったり、チラシとカップケーキを入れたり、手分けをして2,000個分(!)を2時間で詰め終わりました。

トリック・オア・トリート(ハロウィンのプレゼント配付)だけでなく、園内全体で楽しく過ごせる色々なイベントを、学生が中心になって企画・運営しました。
夏頃から、放課後などにグリーンライブに集まって打合せを行い、当日も20人以上の学生やボランティアが参加しました。

おなじみの恵泉女学園大学と多摩大学に加えて、今回は首都大学東京のジャグリングサークル "Team Lamp(チームランプ)"のメンバーも、温室前のスペースでイベントを盛り上げてくれました。

グリーンライブをフィールドに、学生の皆さんが得意技を披露したり地域の方々と交流したり、意欲的に活動しています。


 ★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

10/24(木)カボチャのランタンづくり

トリック・オア・トリート用のお菓子の袋詰め

イベント前、真剣に打合せ中

首都大のジャグリングサークルの演技

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ