学生・保証人の皆様へ――学費と教育の質保証についてご案内

2020年04月25日

恵泉女学園大学 学長 大日向 雅美

先般ご案内のとおり、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言を受けて、本学でも4月8日より全校休校措置を取り、春学期授業開始日を5月11日といたしました。外出自粛・自宅待機という、今までにない状況の中で迎える新学期は、学生の皆様にとっても、不自由な思いでいらっしゃることでしょう。特に1年生の皆様は、入学式よりも先に授業が始まりますので、その戸惑いは大きいことと思います。教職員も、皆様を春の花に彩られた緑あざやかなキャンパスにお迎えできずにいることを寂しく感じております。

学生のみなさんの中には、アルバイトがなくなってしまい、収入が途絶えてお困りの方も多いと思います。また、保証人の方々の中にも、経済環境の変化によって学費の納入を負担にお感じの方があることと存じます。本学では、そのような方々のために、学費の延納や、奨学金の紹介など、最大限の配慮をしてまいりたいと存じます。

しかしながら、それでも、むしろこのような状況下であるからこそ、大学としての使命を果たすべく、なによりも「学生の皆様に対する教育の質保証」を第一に、新学期を始めていかねばならないと準備しております。

このことについて、学生の皆様、また保証人の皆様からいただいたお問合せとあわせて、ご案内させていただきます。

1.学費に関するお問い合わせ等について

4月は大学に出校しないのでその分の学費はどうなるのか、あるいは施設を利用していないのでその分、減額されないのか、というお問合せをいただきました。たしかに学生の姿あってこそのキャンパスでありますので、お気持ちは理解できます。

ただ、学費(授業料・施設設備費等を総称して言います)は、大学の教育活動を学生の皆様に展開し維持していくため、卒業に必要な単位「124単位」に係る費用として、4年間8学期に分割してご納入いただいているものです。たとえ出校しない時期(夏休み・春休み等)があっても、本学が4年間総合的に学生の皆様の「卒業資格・124単位」を保障するためのものなのです。

また、本学は通常時、春学期・秋学期とも1科目16週(授業15週+補講・試験期間1週)の授業を確保しております。教員は担当科目において到達目標を掲げ、確実に授業を実施し、履修学生の到達度に応じて、成績評価で1単位あるいは2単位を授与するかどうかを判断します。学生の皆様は、確実に実施される授業にしっかりと参加し、成績評価を受ける資格を得て、各科目のシラバスで示された成績評価基準によって合格と評価されて初めて、単位が授与されます。

今学期も、日程的には変則的となりましたが、本学では、15週の授業期間を確保しつつ、オンライン授業等を活用した遠隔授業の実施によって、通常の15週分の対面授業に相当する教育内容を担保いたします。

大学として、卒業資格の各単位、各授業科目の価値を下げることはあってはならないと考えますので、学費の一部返還等はしておりません。したがって、実施された授業について成績評価基準に満たず不合格になった場合も、返還等はしておりません。

なお、学生の皆様がオンライン授業を適切に受講できるための支援を全力で行いますと同時に、そのための必要な資金は大学として投資いたします。

※124単位以上履修・修得しても、追加で授業料をいただくことはありません。

※資格等に係る科目で実習費、教材費等を別途いただくことはあります。

2.教育の質保証のために

今学期はオンライン授業でのスタートとなりました。実習系の科目は一部秋学期開講に変更になったものもありますが、前述のとおり学生の皆様に対する「卒業資格・124単位」の保障を確実なものにすべく、情報把握・環境整備等を進めております。

このような状況下にあっても、ぜひ学生の皆様には学ぶ喜びを得て、安心して単位修得に臨んでいただきたいと願っております。以下授業開始にあたってのサポートです。

①通信環境に不安・不備のある学生の皆様への大学の機器貸与

②一人暮らし等で生活支援の必要な学生への奨学金等緊急支援

学生の皆様全員、ゼミ教員・アドバイザー教員がおります。教員を通じて一人ひとり連絡をとって状況を確認しています。不安・相談はいつでもゼミ教員に伝えていただき、個別に対応をしてまいりますので、遠慮なくご相談ください。

そして、今後も各ゼミ教員を通じてオンライン授業の実施に伴う情報提供の充実徹底を行います。

最後に、あらためてお願い申し上げます。
本学の掲げている「生涯就業力」は、"いつ・いかなる場所でも必要とされる人間として、学び続けていく姿勢を身につける力"です。
不透明な状況下の今、まさに教職員自らがこの生涯就業力を発揮することが求められていることを強く実感させられております。あらためて、全教職員最大限心を尽くして学生の皆様と向き合い、学生の皆様に資する、お預かりしている学費に値する教育活動が展開できるように、この春学期を始めてまいります。
学生の皆様、保証人の皆様には、どうぞ本学について引き続きご理解いただきご協力を賜りますようお願いいたします。

  • HOME
  • その他
  • 学生・保証人の皆様へ――学費と教育の質保証についてご案内