花とみどりの見どころ

2018年06月20日

ガーデンの大きなカツラの木の脇に、レンガ造りの壁泉(へきせん)があり、その手前にポタジェがあります。
「ポタジェ」とは、フランス語で野菜畑、菜園のこと。果樹や草花、野菜、ハーブなどをデザインして配置し、観賞と収穫両方楽しめるものを指すそうです。


今はイチゴが終わって、フサフグリ(レッドカラント)が赤い実をつけています。ブラックベリーやヤマブドウはまだ青い実です。

ハーブの花もいろいろ。先週ご紹介したコモンマートルに、ソープワート、ヒソップなどが咲いています。モナルド(ベルガモット)のつぼみもたくさんついています。

ポタジェより(2018.6.20)の続きを読む

ブラックベリー。赤から濃い紫色に色づいていきます

2018年06月12日

温室の階段の脇で、メディニラ・マグニフィカが咲いています。
「熱帯の宝石」とも呼ばれるフィリピン原産の花で、鮮やかなピンクが目を引きます。(もう少し詳しい説明はこちら)
真ん中のパーゴラでは、紅白に咲くゲンペイカズラや紫色のツンベルギアが咲いています。

庭のポタジェの脇では、コモンマートル(スイートマートル)が咲き始めました。ヨーロッパでは花嫁の花束に使われ、それを嫁ぎ先の庭に植えて幸せを願ったそうです。観賞用以外に、ハーブとしても利用されています。(マートルの説明はこちら)

今たくさんのつぼみをつけていますので、来週、再来週辺りに見頃を迎えるでしょう。

熱帯の宝石と花嫁の木(2018.6.12)の続きを読む

メディニラ・マグニフィカ

2018年06月09日

関東も梅雨入りし、台風が近づいているそうですが、ここ数日は良い天気です。

バラもそろそろ終わりですが、'ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール'※1や 'スーリール・ドゥ・モナリザ' ※2は、まだ見頃です。

※1 ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール: 'ピエール・ドゥ・ロンサール' の枝変わり種です。淡い白~ピンクの優しい色合い。
※2 スーリール・ドゥ・モナリザ:フランス語で「モナリザの微笑み」という意味の真っ赤なバラ。

アジサイは、西洋アジサイ・柏葉アジサイ・ヤマアジサイが、さわやかな色合いの花を咲かせています。

今日の見頃の花(2018.6.9)の続きを読む

ガゼボでは、'ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール'が見頃

2018年05月27日

アジサイが咲き始めました。
水琴窟のは西洋アジサイ。紫やピンクの花です。その隣のカシワバアジサイはまだつぼみですが、園路奥の方の株は咲いています。また、その脇ではヤマアジサイ 'ベニガク' が楚々とした花を咲かせています。

ガーデン内にはアメリカノリノキの 'アナベル' が、大きな株にたくさんの花をつけています。

バラからアジサイへ(2018.5.27)の続きを読む

水琴窟のアジサイ。咲き始めの感じが可愛らしい

2018年05月26日

梅雨入り前のこの季節、白い花が見頃です。

◎ドクダミ(ドクダミ科ドクダミ属)
この時期、公園や住宅地などでも見られる花です。独特の香りと旺盛な繁殖力で、少し厄介者扱いされていますが、白い花は美しく、八重咲きや斑入り葉の品種もあります。古くから民間薬として利用され「十薬」の名があります。

◎アスチルベ(ユキノシタ科アスチルベ属)
アスチルベ属(チダケサシ属)の仲間は東アジアや北アフリカに分布し、日本にはチダケサシ(乳茸刺)、アワモリショウマ(泡盛升麻)など数種が自生します。こちらには、百葉箱脇の園芸品種(写真)の他、散策路にアカショウマが植えてあります。雨の中で咲く姿は風情があり、シェードガーデンにも向いています。

梅雨に向かって(2018.5.26)の続きを読む

ドクダミ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
新着記事
年月アーカイブ