花とみどりの見どころ

2018年01月12日

寒に入り、朝晩冷え込むようになりました。庭のシモバシラも、毎日きれいな結晶を作っています。

散策路ではロウバイが見頃を迎えています。冬枯れの林で鮮やかな黄色の花を見つけると、「春が近づいているんだな」とうれしくなります。

温室北側のロウバイは、花弁が細くて中側が紅色になる品種です。こちらは開花し始めたところです。

ロウバイが見頃です(2018.1.12)の続きを読む

散策路のロウバイ

2017年12月27日

朝の10時過ぎ、常連のお客様が「シモバシラが出ているよ」というので庭に出てみると、確かに。花桃の脇の株に、ちゃんと氷の結晶ができていました。

シモバシラはシソ科シモバシラ属の植物で、日本の固有種だそうです。植物学者の伊藤圭介の名にちなんで、学名は Keisukea japonica といいます。花はミントバーム(シソ科ナギナタコウジュ属)に少し似ています。(シモバシラの花はこちら)

根が吸い上げた水分が枯れた茎の裂け目から出てきて凍り、このような現象が見られます。大体最低気温が-3℃くらいまで下がると見られる印象なので、年内に見られるのは珍しいです。
1月、2月がシモバシラのシーズンですので、ご覧になりたい方は「昨日の晩は冷え込んだな」という日の朝をねらってお越しください。

シモバシラ(2017.12.27)の続きを読む

年内にシモバシラが見られるとは

2017年11月26日

散策路のイロハカエデが色付いています。

同じ場所でも赤、黄、緑と、木によって色付きの度合いがちがうのが不思議です。周りをクスノキやシラカシの林に囲まれ、日当たりがそこまでよくないので真っ赤にはなりませんが、微妙な朱色もなかなか素敵です。

イロハカエデの紅葉(2017.11.26)の続きを読む

赤、黄、緑のイロハカエデ

2017年11月16日

キチジョウソウ(キジカクシ科)が咲き始めました。散策路の落ち葉の間から、淡いピンクの花と緑の葉をのぞかせています。花穂の高さは5〜6cm。よく見て探してください。
(キチジョウソウの説明は、こちらもご覧ください)

実もいろいろなっています。
シロヤマブキ(バラ科)は、黒くて硬い実が一つの花に4つの実がつきます。ヤマブキの白花品種「シロバナヤマブキ」というものもありますが、シロヤマブキの花弁は4枚、シロバナヤマブキの花弁は5枚ですので、見分けがつきます。

吉祥草が咲きました(2017.11.16)の続きを読む

キチジョウソウ

2017年10月18日

10月も半ば。日差しも秋らしさを増してきました。

◎セキヤノアキチョウジ(シソ科ヤマハッカ属)
今年も咲きました。
秋の朝の淡い光を浴びて、透けるような花がきれいです。(セキヤノアキチョウジの説明はこちら)

◎ダイモンジソウ(ユキノシタ科ユキノシタ属)
ユキノシタの仲間で、湿った岩場を好みます。五弁の花びらが「大の字」に似ていることからこの名があります。

見ごろの花(2017.10.18)の続きを読む

セキヤノアキチョウジ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
新着記事
年月アーカイブ