花とみどりの見どころ

2018年10月30日

温室でクラリンドウ(クレロデンドルム・ウォリッキー/シソ科)が見頃です。
クサギの仲間で、インドやヒマラヤ原産の常緑低木です。いくつもの花が房状に咲き、優雅です。

庭では、サルビアが秋の日差しに映え、美しく咲いています。写真は、おなじみのサルビア・スプレンデンス。その他、先日ご紹介したサルビア・インボルクラータや、淡いブルーが美しいサルビア・アズレアなどの宿根サルビアも見頃です。

ハロウィンの大きなかぼちゃ達。ハロウィンin多摩センターのイベントでは、子ども達に囲まれ記念撮影の人気者になっていました。明日10月31日まで飾っています。

クラリンドウが見頃(2018.10.30)の続きを読む

温室のクラリンドウ

2018年10月19日

野菊が見頃です。木洩れ日の差す林で、白や黄、淡い紫の菊が咲く風景は、いかにも日本の秋の風情ですね。


◎アワコガネギク(粟黄金菊/別名:キクタニギク、アブラギク)
花の直径1.2~1.5cm。とても小さな黄金色の花がかたまって咲く様子を「粟」に例えた名です。ガーデン奥、ウッドデッキ脇の山野草コーナーで咲いています。


ノコンギク(野紺菊/ホソバコンギク、エゾノコンギク)
北海道から九州まで分布している、日本の野菊の代表ともいえる菊。淡い紫色が落ち着いた雰囲気です。ノコンギクの園芸品種がコンギクですが、「ノコンギク」の名の付いた園芸品種も多く出回っているようです。

野菊が見頃です(2018.10.17)の続きを読む

はじけるようなアワコガネギク

2018年10月10日

事務室の外の畑で、柿が立派な実をつけています。
渋柿なので、熟すまではカラスも手をつけないようですが、秋らしい光景で目を楽しませてくれます。

ガーデンの桂の下では、ホトトギス(ユリ科)が咲き始めました。紅白のミズヒキ(タデ科)や斑入りタデ(タデ科)などに囲まれて、繊細な雰囲気がすてきです。

秋の風情(2018.10.10)の続きを読む

柿はいかにも秋の風情ですね

2018年09月23日

宿根サルビアサルビア・アズレア(Salvia azureaが咲き始めました。優しいブルーの花が秋の日差しに映えます。
宿根サルビアにはコモンセージ(Salvia officinalisをはじめ、数多くの仲間があります。原産地も中南米、ヨーロッパなど様々、日本にもアキギリやタムラソウなど数種が自生しています。

サルビア・コッキネア(コクシネア)は一年性のサルビアで、白、赤、ピンクなどの花色があり、花壇を長いこと彩ってくれます。

上から3枚目の写真は先日載せた「シュウカイドウ」です。今日はアップの写真です。林の中で白い花が輝くように咲いています。

秋の日に映えて...(2018.9.23)の続きを読む

サルビア・アズレア

2018年09月12日

朝晩の風がだいぶ涼しくなって、コオロギの声が心地よい季節です。

ガーデンの真ん中の桂の下には、白いヒガンバナ(彼岸花)があって、今はつぼみです。その他、ハナトラノ(別名:カクトラノオ)シュウメイギク(秋明菊)、ミズヒキ(水引)、斑入りタデなど、秋らしい日本の花が咲き始めました。


散策路では、シュウカイドウ(秋海棠)やヤブラン(藪蘭)が咲いています。シュウカイドウはベゴニア属の仲間で、和風の花壇にもよく合います。
ヤブランは半日陰でも育ち、和風の庭の土留めなどにも使われる重宝な植物。ジャノヒゲに似ていますが、花のつき方や実の色で見分けられます。

夏から秋へ(2018.9.12)の続きを読む

白いヒガンバナ。あと何日で咲くでしょう

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ