花とみどりの見どころ

2017年05月14日

今年もバラの咲く季節になりました。
五月晴れの空の下で咲く姿も美しいですが、雨のしずくをたたえた花もいいですね。

マチルダ(Matilda)
白に淡い桃色の入る可憐なバラです。今は花びらの先に濃い紅色が入って、美しいグラデーションを見せています。咲き進むと白がかって、また印象が変わります(クリックしてご覧下さい)。

◆バフ・ビューティー(Buff Beauty)
1939年にイギリスで作出された品種。「バフ(Buff)」とは、「水牛・牛のもみ革、またその淡黄色。」という意味で、微妙なアプリコットイエローの花色とムスク香が魅力です。今年の花色はややクリーム色がかっているようです。

バラが咲き始めました(2017.5.14)の続きを読む

"マチルダ"

2017年05月13日

予報通りの大雨です。庭では草花がいきいき、のびのびとしています。
今日は、そんな雨に映える紫〜赤紫色の花を紹介します。


◆クレマチス "花炎(かえん)"(キンポウゲ科センニンソウ属)
ガーデンの水道脇に、行灯仕立ての鉢植えがあります。パッと開いた花火のようで目を引きます。花色も独特で、咲き進むに連れて緑がかった渋い色に変化していきます。

◆シラン/紫蘭(ラン科シラン属)
今年は花つきが良いようです。数年前に周囲の高木を剪定し、日当たりがよくなったからでしょうか。白花に紅色の縁の「クチベニシラン」も咲いています。

雨に映える紫の花(2017.5.13)の続きを読む

クレマチス "花炎"

2017年04月16日

3月初めの小さなオカメザクラに始まり、中央公園のコヒガン(エドヒガン系)、水琴窟のオオシマザクラと続き、4月の2週目にはソメイヨシノが満開を迎えました。

先週末には雨の中、しっとりとちらちらと舞う花吹雪がきれいでした。

桜の季節も一段落(2017.4.16)の続きを読む

オオシマザクラの下は、花びらのじゅうたん(2017.4/9撮影)

2017年04月15日

散策路で、サクラソウ(サクラソウ科サクラ属)が咲き始めました。

サクラソウ属は、ラテン語の学名は「プリムラ属」といい、北半球に非常に多くの種が分布しています。日本原産のものは「日本桜草」と呼ばれ、江戸時代に古典園芸植物として多くの種が作られました。

春花壇でおなじみのプリムラ・ジュリアンやポリアンサ、小花がたくさん集まって咲くプリムラ・マラコイデスなどもこの仲間です。素朴な風情のプリムラ・ブルガリスは、今、庭のカツラの下で咲いています。
(こちらをクリックすると、昔、唐木田周辺で咲いていたというサクラソウの写真が見られます。)

春の花彩々(2017.4.15)の続きを読む

散策路のサクラソウ

2017年04月11日

ガーデンでは、先週からチューリップが咲いています。

バラのコーナーにあるのは、原種チューリップのクルシアナ
「シンシア」は写真のような濃いピンクにクリーム色。他に「レディージェーン」という濃いピンクに白い花びらの品種もあります。チューリップより小振りで可愛らしいです。

チューリップが咲きました(2017.4.11)の続きを読む

朝日を浴びたチューリップ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ