花とみどりの見どころ

2019年01月19日

明日は大寒。東京では、寒く乾燥した日が続いています。

温室北側では、ロウバイの中でも花弁が細く、中に赤い斑が入る品種が咲き始めました。
散策路では、先日地元のタウン誌にも掲載されたソシンロウバイが咲いています。ピークを過ぎて花弁の色が少し薄くなってきたでしょうか。
当センターでは、日本水仙とともに寒中から咲いて、まだ先の春を思い起こさせます。
 「蝋梅や薄雪庭を刷きのこす」  水原秋桜子

ロウバイ、ブーゲンビリアなど(2019.1.19)の続きを読む

ロウバイ。温室北側にあるのは、中が赤くなる品種

2019年01月06日

新年おめでとうございます。
今年も、グリーンライブセンターの色々な植物を紹介していきます。

新春の庭では、スノードロップが咲いています。例年1月下旬から2月に咲き始めるのですが、今年は開花が少し早いようです。

スノードロップ(snowdrop=雪の雫)という呼び名は、16~17世紀に人気のあった雫型の真珠のイヤリングに由来するのだとか。
ヒガンバナ科マツユキソウ属の球根植物で、西はフランスから東はコーカサス山脈まで分布し、エーゲ海の島々やトルコ、ロシア南部など、気象条件の異なる地域に20種ほどが分布しています。

ヨーロッパで common snowdrop と呼ばれるのは、Galanthus nivalis、日本でよく出回っているのは、球根が比較的乾燥に強い Galanthus elwesii (Giant snowdrop)という品種です。
自生地では雪の間から花をのぞかせて咲き、クロッカスプリムラなどと並んで春を告げる花の一つです。

スノードロップが咲きました(2019.1.6)の続きを読む

桂の下のスノードロップ
(細長い葉は別の植物のもの)

2018年12月28日

冬至を過ぎて、一段と空気が冷たくなってきました。

水琴窟の脇で、マホニア 'チャリティ' が見頃です
Berberis × hortensis 'Charity'/Mahonia × media 'Charity')。
庭先や公園などでよく見るヒイラギナンテン(Berberis japonica)を親にした園芸品種で、ヒイラギナンテンより株が大きく、花がたくさんついて見応えがあります。

今年もよく花が咲きました。冬の日差しに黄色い花が映えて、きれいです。ほんのり甘い香りもしますよ。

寒風の中で(2018.12.28)の続きを読む

ヒイラギナンテンの園芸品種
「マホニア 'チャリティ'」

2018年11月06日

11月に入り、秋バラが次々と咲き始めています。紅葉(黄葉)も始まり、秋らしい色の競演が見られます。

フランス語で「モナリザの微笑み」という意味の 'スーリール・ドゥ・モナリザ'。真紅の花は雨でも傷みにくく、暑さ、寒さや病気にも強い才色兼備な品種です。

'シャーロット・オースチン' は、イングリッシュローズ※。イギリスのバラ育種家デビッド・オースチンが作出した200余の品種の一つで、孫娘にささげられたものです。フルーティーな香りと繊細なクリーム色の花姿が魅力です。
※イングリッシュローズの説明はこちら。

その他、ピンクの縁が可愛い'ストロベリー・アイス' 、赤いブロッチの入る 'アメジスト・バビロン' なども見頃です。

秋バラと紅葉(2018.11.6)の続きを読む

バラ 'スーリール・ドゥ・モナリザ'

2018年10月30日

温室でクラリンドウ(クレロデンドルム・ウォリッキー/シソ科)が見頃です。
クサギの仲間で、インドやヒマラヤ原産の常緑低木です。いくつもの花が房状に咲き、優雅です。

庭では、サルビアが秋の日差しに映え、美しく咲いています。写真は、おなじみのサルビア・スプレンデンス。その他、先日ご紹介したサルビア・インボルクラータや、淡いブルーが美しいサルビア・アズレアなどの宿根サルビアも見頃です。

ハロウィンの大きなかぼちゃ達。ハロウィンin多摩センターのイベントでは、子ども達に囲まれ記念撮影の人気者になっていました。明日10月31日まで飾っています。

クラリンドウが見頃(2018.10.30)の続きを読む

温室のクラリンドウ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
新着記事
年月アーカイブ