花とみどりの見どころ

2015年08月16日

今、庭で見られる花です。

◎リコリス・スクアミゲラ(夏水仙/ヒガンバナ科)
淡いピンクにほんのり青みがかった花。この花が咲くと、秋の足音が聞こえそうな気がします。ヒガンバナやキツネノカミソリの仲間。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
ちなみにハーブキャンディーに入っているリコリス(licorice)は、スペインカンゾウ(甘草)のことで、ヒガンバナ科のリコリス(lycoris)とは別物です。

サギソウ(鷺草/ラン科)
庭の小さなプール "壁泉" で咲いています。こんなに可憐な本当の鳥のような姿の花を作るなんて、神様も粋ですね。グリーンボランティアに、立川の昭和記念公園でサギソウの管理をしている方がいて、当センターのサギソウも見てくれています。昭和記念公園のサギソウまつりは9月6日までです。

見頃の花(2015.8.16)の続きを読む

ナツズイセン
(リコリス・スクアミゲラ)

2015年07月23日

蝶豆(チョウマメ/マメ科クリトリア属)の花が咲きました。
江戸時代に東南アジアから入ってきたつる植物です。
行灯仕立ての鉢植えにしています。夏の暑さを忘れるような青色ですよ。是非ご覧下さい。

ルドベキア(オオハンゴンソウ/キク科ルドベキア属)。色々な品種がありますが、渋い赤色のルドベキアは大人っぽい雰囲気ですね。

庭では(2015.7.23)の続きを読む

瑠璃色の花が美しいチョウマメ(蝶豆)

2015年07月20日

7月に入ってずっと雨続きだったのが、10日を境に真夏になりましたね。急に暑くなってバテていませんか。
16日には強力なノロノロ台風11号が猛威を振るい、そして昨日19日に関東甲信地方で梅雨明けしました。

ガーデンではヒマワリの第1号が咲きました。
オニユリやカサブランカなどユリの仲間や、ルドベキア、ヒャクニチソウなど菊の仲間が次々と咲いています。

梅雨明け(2015.7.20)の続きを読む

オニユリ

2015年06月21日

今日は朝からしとしと。雨の合間をぬって、恵泉の学生さんが作業に来たり、「緑の探検隊」に参加した親子が、隣りの多摩美大の屋上にあるミツバチの巣箱を観察に行きました。
(2013年6月15日「ミツバチ講習会」の様子。こちらは大人向けの講座です)


建物北側の階段脇では、ビヨウヤナギ(オトギリソウ科オトギリソウ属)が咲いています。
オトギリソウ属はラテン名でヒペリカム。キンシバイやその園芸品種のヒペリカム・ヒドコート、ハーブのセントジョンズワートもこの仲間です。

雨の中できれいに咲いています (2015.6.21)の続きを読む

ビヨウヤナギ
たくさんのおしべが華やか

2015年06月20日

mobaqこの黄色い花、何の花だろう?

キュウリ!事務室のグリーンカーテンでムクムク育ってるよ。
キュウリの他に、ミニトマト、ゴーヤもあるので見てみてね。

これは、何の花?(2015.6.20)の続きを読む

何の花だろう?

8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
新着記事
年月アーカイブ