花とみどりの見どころ

2016年05月15日

今年もバラの季節がやってきました。美しい花姿と芳香をお楽しみ下さい。
今回は、印象的な名前の4品種をご紹介します。

[写真上から]
アメジスト・バビロン(Amethyst  Babylon)
中近東~中国原産の原種「ロサ・ペルシカ」の改良種です。オランダ・インタープランツ社の作出で、ラベンダーピンクの花の中央が濃い赤色になるのが特徴です。

スーリール・ドゥ・モナリザ(Sourire de Mona Lisa)
「モナリザの微笑み」という名の真紅のバラ。ふっくらとしたつぼみも素敵です。他にも「バーガンディ・アイスバーグ」や「フリュイテ」など、様々な「赤いバラ」がありますのでどうぞ見にいらして下さい。

バラが見頃です(2016.5.15)の続きを読む

アメジスト・バビロン

2016年05月14日

ポタジェ(説明はこちらをクリック)などで、ハーブが見頃を迎えています。

◎コモンセージ/シソ科サルビア属
「サルビア」や「セージ」と呼ばれる植物はたくさんありますが、一般に「セージ」といえばコモンセージのこと。学名は Salvia officinalis。肉料理のなどの風味付けに使われるポピュラーなハーブです。

◎フレンチラベンダー/シソ科ラヴァンドゥラ属
うさぎの耳のような「苞(ほう)」が可愛らしいですね。紫、ピンク、ライムグリーン、白など花色も豊富で、ナチュラルな雰囲気の花壇におすすめです。半耐寒性で、多摩でも外で冬越しします。

ハーブの花盛り(2016.5.14)の続きを読む

コモンセージ

2016年04月29日

風は強いですが、すがすがしい休日になりました。もうすぐ5月ですね。
青葉に花の色が映えてきれいです。

〈写真上から〉
◎オオデマリ(レンプクソウ科・旧スイカズラ科)
バラのガーデンの前に鉢があります。ほんのりピンクが入ったきれいな花です。散策路では、同じガマズミ属のコデマリが咲いています。

見ごろの花(2016.4.29)の続きを読む

オオデマリ(大手鞠)

2016年04月12日

先週末、散策路がリニューアルしていろいろな山野草が咲いているとお知らせしましたが、ガーデンの方もいろいろな花が咲いています。

〔写真上から〕
昨年の秋に近くにある豊ヶ丘小学校の3年生が、球根の植え付け体験をした原種のスイセン、ナルキッスス・バルボコディウムが満開です。
花の大きさは3cm程度で、ちいさなラッパのようで可愛らしいです。

原種のチューリップのクルシアナ "シンシア"(クリーム色)と "レディジェーン"(白)も見頃。数年前に植えたものが今年も芽を出しました。(横から見ると、外側の花びらはピンク色なんです。可愛いです。)

花ざかり!(2016.4.12)の続きを読む

豊ヶ丘小学校の3年生が、昨年秋に植えた原種のスイセン

2016年04月10日

ウッドデッキ脇のブルーベリーと山野草のエリアに、散策路がほぼできあがりました。

元々植わっていたブルーベリーの間引いたり(掘り起こしたものは、バックヤードで育てています)、剪定した木の枝を道の縁取りに並べ竹チップを敷いたり、日当りや水はけも考えながら植物をレイアウトしたり、苗を植え付けたり。
園芸スタッフや緑化相談員、ボランティアのみなさんが、手作業で少しずつ進めてここまできました。

散策路が新しくなりました(2016.4.10)の続きを読む

散策路ができあがりました。
右に鮮やかな山吹。左の足下には桜草。

7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ