花とみどりの見どころ

夏の到来!(2018.7.5)

2018年07月05日

関東では梅雨明けしましたね。
台風などの影響から蒸し暑く風の強い日が続きます。草花にとってもしんどいこの時期、園芸スタッフが時間をかけて水やりをしています。

庭に向かう黒いゲートを入ると、ヤブカンゾウ(藪萱草)が見頃です。ススキノキ科(旧ユリ科)ヘメロカリス属で中国原産。今は日本各地の土手や林の縁などで見ることができます。
ホンカンゾウやハマカンゾウ、今が見頃のニッコウキスゲなどがこの仲間です。また「ヘメロカリス」の名で様々な
園芸品種が出回っていて、クリーム色やピンク、赤紫、八重咲き、フリル咲きなど、その数2万種とも言われています。

雌しべ、雄しべが花弁のように変化し、八重咲きになっているのが特徴です(こちらをクリックすると、花のアップがご覧いただけます)
若葉やつぼみは山菜として、根は漢方で利用されているそうです。また
ホンカンゾウのつぼみは、中華食材の金針菜なのだそうです。


ヤブカンゾウのオレンジ色を見ると、しみじみ夏が来たなぁと思います。

バラの二番花も見頃です。5月の花の後、ボランティアの皆さんと一緒に剪定をした花が、今咲いています。

ガーデンには、可愛らしい小花のクレマチス・パープレア(プルプレア?)も入りました。ラベンダーやヒソップなどのハーブも咲いて、ズッキーニがニョキニョキ育っています。ぜひ、足をお運びください ♪


★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

どこか懐かしい雰囲気のするヤブカンゾウ

バラの二番花が見頃です、ピンクの花は 'うらら'

小輪のバラ 'スノーグース' の二番花も見事

可愛らしいクレマチスが仲間入りしました

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
新着記事
年月アーカイブ