花とみどりの見どころ

熱帯の宝石と花嫁の木(2018.6.12)

2018年06月12日

温室の階段の脇で、メディニラ・マグニフィカが咲いています。
「熱帯の宝石」とも呼ばれるフィリピン原産の花で、鮮やかなピンクが目を引きます。(もう少し詳しい説明はこちら)
真ん中のパーゴラでは、紅白に咲くゲンペイカズラや紫色のツンベルギアが咲いています。

庭のポタジェの脇では、コモンマートル(スイートマートル)が咲き始めました。ヨーロッパでは花嫁の花束に使われ、それを嫁ぎ先の庭に植えて幸せを願ったそうです。観賞用以外に、ハーブとしても利用されています。(マートルの説明はこちら)

今たくさんのつぼみをつけていますので、来週、再来週辺りに見頃を迎えるでしょう。

雨の庭もしっとりとしていいものですね。葉っぱの上で輝く雨粒がきれいです。ベル型のクレマチス 'カイウ' も見頃です。

散策路では、ヤマアジサイホタルブクロ口紅シランカワラナデシコ、ヤブレガサなどが咲いています。


★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

メディニラ・マグニフィカ

マートル(コモンマートル)

ジューンベリーの葉の上で雨粒が光る

クレマチス 'カイウ'

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
新着記事
年月アーカイブ