花とみどりの見どころ

ハーブが花盛り(2017.7.17)

2017年07月17日

ポタジェでは、初夏から秋にかけていろいろなハーブや野菜の花が見られます。

エキナセア(キク科ムラサキバレンギク属)
和名の「ムラサキバレンギク」は、花の形が版画の時に使う馬簾(ばれん)に似ているところからついたと言われています。子供の頃、木版画をした時に馬簾ですりすりしたのを思い出しました。今は白花やオレンジ、八重など色々な品種が出ていますが、エキナセアといえばこの淡いピンクですね。

・レモンマートル(フトモモ科バクホウシア属)
ジューンベリーの脇に、新しくレモンマートルの鉢が入りました。
ポタジェにあるスイートマートルと同じフトモモ科です。スイートマートルは、地中海〜北アフリカ原産ですが、こちらはオーストラリアの雨の多い林に自生し、現地では高さ20mにもなるとか。
葉はレモンのような清涼感のある香りで、アボリジニの人達は料理や薬用に利用してきたそうです。

ソープワート(ナデシコ科シャボンソウ属)
南欧原産で、明治頃日本に入りました。葉にサポニンという成分を含んでいて、昔は天然の石鹸として利用されてきたそうです。羽根つきの羽に使われるムクロジの果皮にもサポニンが含まれています。

・西洋ニンジンボク(シソ科ハマゴウ属/旧クマツヅラ科)
日本の海浜植物のハマゴウ(浜香)の仲間です。ハマゴウの葉や樹皮は、昔、お香に利用されたそうですが、西洋ニンジンボクも葉や茎をこするとバルサム系の香りがします。朝日の中、花の周りをミツバチのような虫が飛び回っています。花の蜜を吸っているのかな。

その他、ラベンダーナスタチウムタイムなどが見頃です。


★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

エキナセア

新しく入ったレモンマートル

ピンクのグラデーションが美しいソープワート

西洋ニンジンボク

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ