花とみどりの見どころ

花の季節も移り変わって(2015.4.26)

2015年04月26日

このところ少し天気が不安定ですが、日中20℃を超える日も多いですね。
桜の季節からあっという間に青葉の季節になり、初夏の花が咲き始めています。


オオデマリ(大手鞠/レンプクソウ科・旧スイカズラ科)
直径6〜7cmのまん丸い花が可愛らしいです。壁泉脇に鉢植えがあります。ガーデンにはコデマリ、散策路にはもう終わりかけですがオオチョウジガマズミがあり、同じガマズミ属です。

◎キンラン(金蘭/ラン科)
散策路にはキンランは一株しかありませんが、毎年同じ場所で咲いています。これから一つずつ花開いていきます。楽しみです。
ランの仲間には菌と共生するものが多く、キンランやギンランも菌とセットで環境を整えてやる必要があって移植は難しいそうです。

ツルニチニチソウ(キョウチクトウ科)
ツルニチニチソウはVinca major、ヒメツルニチニチソウVinca minor。英語で言うとメジャーとマイナーですね。どちらも爽やかな青色の花が魅力です。ヒメツルニチニチソウは散策路などに咲いています。

◎アメリカイワナンテン(ツツジ科)
別名セイヨウイワナンテン。アセビやドウダンツツジ、ブルーベリーイチゴノキに花の形が似ています。北米原産ですが、和の趣きがありますね。岩の上に生え、葉がナンテンに似ているためこの名があります。

その他、ガーデンではコレオネマセリンセ、ヤグルマギク、イチゴ、チューリップ、ニオイロウバイなど見頃です。


 ★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

オオデマリ

キンラン

ツルニチニチソウ

アメリカイワナンテン

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
新着記事
年月アーカイブ