花とみどりの見どころ

花のお引越し (2014.3.11)

2014年03月11日

今、温室南側の区画にバラのコーナーが作られていますが、「では、ここに植えられていた花はどこへ行ったの?」とたずねられることがあります。

ご安心下さい。こちらには水仙や原種チューリップ、クロッカス、タマスダレなどの球根類、ジャーマンアイリス、花菖蒲などの宿根草が植えられていましたが、昨秋、庭のカツラの木の下に移植しました。

少し引越しの時期が遅かったので、ちゃんと根づいてくれるかなと気になっていたのですが、三月に入り温かくなったら、続々と芽を出し花を咲かせています。

クロッカスにスノードロップ、それから元々こちらにあった原種のシクラメン、クリスマスローズのオリエンタリスなどが咲き始めています。
ラッパズイセンやムスカリ、原種のチューリップなどはもう少し後ですね。みんな無事に咲きますように。待ち遠しいです。


 ★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

花径3~4cmの小さなクロッカス

スノードロップの楚々とした花

原種シクラメン 'コウム'

色々な植物の芽がニョキニョキ

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ