花とみどりの見どころ

春蘭、トサミズキ、桜 (2014.3.30)

2014年03月30日

明後日から4月ですね。温かくなって、いろいろな花が咲いています。

散策路では、いち早く矮性の黄色いスイセンが咲いていましたが、先週末からシュンランが、この週末にはシナレンギョウやユキヤナギユスラウメ、トキワイカリソウ、タチツボスミレなどが咲き始めました。

シュンラン(春蘭)は、北海道から九州まで広く分布する日本の代表的な野生ランです。学名は、Cymbidium goeringii 。シンビジウムの仲間なんですね。「ジジババ」、「ホクロ」などおもしろい別名があります。

表では、鉢植えのトサミズキ(マンサク科トサミズキ属)が満開です。黄色く垂れ下がった花が目を引き、いろいろなお客様が写真を撮っていらっしゃいます。ガーデンには、仲間のヒュウガミズキが二鉢あります。

また、練馬区花とみどりの相談所から来たおかめ桜も満開を迎えています。イギリスで作られた可愛らしい桜です(カンヒザクラとマメザクラの交配種)。
その他、グリーンライブセンターには建物北側の階段の所にソメイヨシノ、水琴窟の脇にオオシマザクラがあります。ソメイヨシノは3分咲きといったところです。

多摩市のお花見情報は、こちらをクリック(多摩市公式ホームページ)


 ★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

散策路のシュンラン

房状に咲くトサミズキ

練馬区の相談所からやってきたおかめ桜

建物の北側にあるソメイヨシノ(2009.4.8撮影)

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ