花とみどりの見どころ

ヒガンバナが見頃です (2013.9.23)

2013年09月23日

今日は秋分の日。今日を境に昼の時間が短くなっていきます。だからと言うわけではないのでしょうが、昨日までとうってかわって長袖が欲しくなるような陽気でした。

北側の斜面では、ヒガンバナが見頃です。
ヒガンバナというとお墓が連想され、どうも辛気臭いイメージを持ってしまうのですが、よく見ると雄しべと雌しべがくるっとカールしていて、なかなかチャーミングです。英名は「スパイダーリリー」と言い、日本の「彼岸花」とはかなりイメージが違いますね。

庭のカツラの木の下には、白花の品種も咲いています。(その近くに植えてあるナツズイセンも、この仲間です。)

紅白のヒガンバナを緑色の葉と一緒に活けたら、おめでたい雰囲気になりました。


 ★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

「スパイダーリリー」だと思って見ると、そう見えるから不思議です

施設北側の斜面。鮮やかな花が目立っています

白花のアップ。雌しべ・雄しべは赤花ほど長くないようです

イグサやヤブランの葉と組み合わせて飾ってみました

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ