花とみどりの見どころ

ナツズイセン (2013.8.3)

2013年08月03日

ナツズイセンが咲き始めました。毎夏、庭のカツラの下で咲くピンクの花です。
すっと伸びた茎の上に、淡いピンク色の花がつきます。

「夏水仙」といっても、スイセンの仲間ではなく、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の花です。
中国から渡来したといわれており、この属の仲間には、黄色いショウキズイセン(鐘馗水仙)や朱色のキツネノカミソリなどがあります。

ナツズイセンは、春に葉が出て6月には枯れてなくなります。その後、夏になって花が咲くので、俗に〈花見ず葉見ず〉と呼ばれるそうです。

球根性(鱗茎)の植物で、特に手入れをしなくても毎年咲いています。あまり株が密集するようになったら、植え替えするとよいでしょう。


 ★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

ほんのり青味がかったピンク色の花弁

散策路に咲いているキツネノカミソリ

白いヒガンバナ(2009.9.13撮影)

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
新着記事
年月アーカイブ