花とみどりの見どころ

熱帯の宝石 (2013.6.14)

2013年06月14日

今日は、温室にあるメディニラ・マグニフィカをご紹介します。

ノボタン科の熱帯花木(かぼく)で、原産はフィリピンです。ピンク色の花が房状にたくさん咲き、「熱帯の宝石」と呼ばれています。

今、つぼみがたくさんついていて、これから順々に花が開くと思いますので、ぜひご覧下さい。


シコンノボタン(紫紺野牡丹)も、メディニラと同じノボタン科です。

ブラジルやメキシコ、熱帯アメリカの原産で、英名 princess flower、glory flower (王女の花、栄光の花)と、こちらも素敵な名がついています。
グリーンライブセンターでは、秋頃に花が見られます。


温室といえば、先月ご紹介したコーヒーの実が順調に熟しています。3週間前は赤色だったのが、ダークチェリーのような色になってきました。

今年は30粒くらいなっているので、自家製コーヒー作りにチャレンジしてみましょうか??


 ★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★


メディニラ・マグニフィカ

花びらのように見える苞(ほう)の中には、つぼみがたくさん

同じノボタン科の「シコンノボタン」

コーヒーの実も、だいぶ熟してきました

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
新着記事
年月アーカイブ