花とみどりの見どころ

モッコウバラが咲きました (2013.4.17)

2013年04月17日

パルテノン多摩の大きな階段の下で左に曲がって、坂を上るとコンクリートの大きな柱が2本、その間を抜けるとグリーンライブセンターがあります。
その柱の元にある、八重咲きのモッコウバラが見頃を迎えています。

コンクリートに鉄線を張り、そこに枝をそっと結びつけて(誘引といいます)、這うようにしています。ぼこぼこした表情のあるコンクリートの柱にモッコウバラを這わせ、周りにはハーブや野菜を寄せ植えがあり、なかなかすてきな趣きです。

モッコウバラ(木香バラ)は中国原産のバラ。丈夫で育てやすいそうです。中庭の軒下には、白花種の鉢もあります。どちらも優しい雰囲気です。

温室を出たところには、エレモフィラとヒイラギナンテン、ゼラニウムの寄せ植えが。
エレモフィラの紫の花とシルバーの葉、ヒイラギナンテンの葉の色も淡い緑で、美しい色合いです。

表の花壇では、チューリップが満開。チューリップってどことなく愛嬌があって、ほんとうに可愛いですね。
中のガーデンでは、小さな原種チューリップも咲いていますよ。


 ★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

淡いクリーム色の花びらが、フリルみたい

コンクリの柱に這わせて、いい感じ。

エレモフィラとヒイラギナンテン。淡い微妙な色合い

表の花壇のチューリップ

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
新着記事
年月アーカイブ