花とみどりの見どころ

イチゴノキ (2012.11.23)

2012年11月23日

「イチゴの木」という可愛らしい名前の木に、花が咲いています。
南ヨーロッパ〜アイルランド原産の常緑樹で、花と実が一緒につきます。めずらしいですね。秋に咲いた花が、丸一年かけて赤い実になるのです。

 

おいしそうな赤い実は、思ったより甘くないので小鳥もあまり食べに来ません。欧米では、砂糖や洋酒を加えてジャムにしたり、果実酒にするそうです。

樹種の少ない欧米では、常緑で花も実も楽しめるイチゴノキは、庭木として広く好まれているそうです。

まん丸の実。上の方の黄緑のつぶつぶが、翌年実になります。

ドウダンツツジに似た花

真ん中の実から右側は、昨秋以降に生長した部分

欧米では、庭木として人気があります

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ