花とみどりの見どころ

バラ彩々 (2012.6.6)

2012年06月06日

緑の色が濃くなり、さわやかな風の心地よい日が続きます。

園内に、新しいバラの鉢が入りました。


ガーデン奥の東屋脇には、以前からある'ラブ'や'クイーンエリザベス'、'マダム・サチ'などが、新しい鉢に植え替えられ生き生きと咲いています。

 

センターの東側では、つるバラの'アンジェラ'や'つるアイスバーグ'などをコンクリートの柱にはわせています。バラのからまる美しいゲートになって、皆様をお迎えする日も近いでしょうか。

 

また、もう咲き終わりましたが、東アジア原産のモッコウバラやナニワバラも、西洋のバラとは違った美しさがありますね。

 

全体に白からピンクのやさしい色合いの品種が多いでしょうか。

美しい姿と香りをお楽しみ下さい。

 

以前からある品種。しっかりとした株になっています。

コンクリートの柱に、つるバラの‘アンジェラ’

清楚な白色の組み合わせ

微妙な色合いが美しい‘ピエール・ド・ロンサール’

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
新着記事
年月アーカイブ