花とみどりの見どころ

パーゴラのつる植物 (2012.6.10)

2012年06月10日

温室のパーゴラでは、ルリマツリがたくさんの花をつけています。

淡いブルーの爽やかな花で、5月頃から晩秋まで長いこと花を楽しめます。

目の覚めるような紫の花は、ツンベルギア・エレクタ(木立矢筈葛・コダチヤハズカズラ)。和名は、苞の形を矢筈に見立てたものだそうです。

マツリカ(茉莉花・アラビアンジャスミン)は、ジャスミンティーの香りづけに使われます。上の方で咲いているのでみつけにくいのですが、花が時々落ちていて、ほんのり良い香りがします。

 

その他、ゲンペイカズラやシッサス(エレンダニカ)など、いろいろなつる植物が植えてあります。室内で育てるつる性植物のご参考にどうぞ。

ルリマツリ。白く見えますが、実物は淡いブルー。

ツンベルギア(コダチヤハズカズラ)

マツリカ(アラビアンジャスミン)

ルリマツリが花ざかり

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ