花とみどりの見どころ

西洋トチノキ(マロニエ) (2012.5.20)

2012年05月20日

西洋トチノキ(マロニエ)の花が満開です。

ギリシャ北部やアルバニア原産の木。ヨーロッパの街路樹によく使われ、パリのシャンゼリゼ通りやロンドンのハンプトン・コートなどが有名だそうです。

パリにはいたる所にマロニエの木があり、5月の花や秋の紅葉、そして栗のような実はパリにかかせない風物詩なのだとか。

 

日本のトチノキも粉にして水にさらしてトチモチを作ったり、家具や楽器の材にするなど、人々の暮らしの近くで大切に使われてきました。

多摩市内では、青木葉通りと愛宕北通りがトチノキ並木です。また聖蹟桜ヶ丘駅前は、ピンク色の花の咲くベニバナトチノキの並木です。

青空に緑の葉が映えます

白い花に赤い点々が入ります

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ