GV活動日誌

ロケットストーブ(2017.12.03)

2017年12月07日

ロケットストーブを作る講座が開催されました。

ロケットストーブは、ドラム缶などで作る暖房器具で、
今から20年くらい前から北米・北ヨーロッパで作られるようになりました。
手作りできるシンプルな構造にもかかわらず、
薪ストーブなどに比べて燃焼効率がとても高く、薪が完全燃焼に近く燃えるため、
煙もほとんど発生しない、環境にやさしいものです。

また、熱効率が高いので、筒の出ている上部では、調理をすることも可能です。

今回受講される皆さんは、ご夫婦・親子での参加、
女性一人の参加など、様々でした。
ふたやカンの側面を筒の直径に切り抜いたり、断熱材を入れたり、
慣れない作業が多かったですが、少しずつ協力し合って作ることができました。
また、年齢も性別も関係なく、環境・自然エネルギーに興味のある方々が
遠方から集まって下さり、有意義な講座となりました。

調理にも暖房にも使え、尚かつ熱原料は庭木の剪定材や薪で
まかなうことが出来るのなら、災害時にも大いに役立ちそうです。

ロケットストーブ作り

手前の煙突に薪を入れ、火をつけますが、うちわでひとあおぎするだけで

効率よい燃焼に変わります!

お疲れさまでした!

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
新着記事
年月アーカイブ