GV活動日誌

雑木林活用講座 冬芽の観察会(2017.01.29)

2017年01月29日

冬芽の観察会が行われました。

冬芽とは、春を待つ植物の冬の姿。
面白い形をしていることもあり、落葉後さびしげな冬の雑木林を彩る存在として、
最近注目を集めています。

今回の講座では、冬芽をスライドで説明するということもあり、
たくさんの方にご参加いただくことが出来ました。
講師の方が用意してくださったスライドはたくさんあり、
普段温かい時期に見せる姿とは全く異なる
生命力にあふれた冬芽を知ることが出来ました。
動物の顔のように見えるものや、冬芽そのものが花のように見えるものなど、
興味深いものがいっぱいです。

次は実際に、どんぐり山へ冬芽を探しに出かけます。
実物は小さく見つけにくいものですが、あらかじめ教えていただいたこともあり
皆さんすぐに見つけることが出来ました。

春はもうすぐそこです。
これらの冬芽が、新芽となり、春の雑木林を彩る事となるでしょう。

ご協力いただきました、どんぐり山を守る会の皆様方、ありがとうございました。

こちらはコナラの冬芽です

こちらは面白い形をしています

あ!あの冬芽なんだろう?

ルーぺでよく観察してみよう

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着記事
年月アーカイブ