GV活動日誌

平成28年度 緑の探検隊 第8回「繭を紡いでランプシェードを作ろう!」(2016.11.27)

2016年11月27日

毎月最終日曜日に開催される「緑の探検隊」子ども向けの講座です。
今年度最終回の8回目は、繭を紡いでやさしい明かりを放つランプシェードを作ります。

繭を紡ぐことと、ランプシェードに仕上げることと、結びつかなかった子供たちですが
隊長が見本を見せると、歓声が上がります。

桑の枝をノコギリで切り、ランプシェードの土台を作ります。
そのあと、熱湯につけた繭から糸を引き出し、ぐるぐる土台に巻きつけます。
繭のどこから糸が出るかはわかりませんが、一本しか出てこないので、ひたすら巻きつけていきます。

なぜ、桑の枝を使って土台にするのでしょう?
桑の枝は、柔らかく作業性に富んでいることもあるのでしょうが、
桑の葉を食べて蚕が繭になる、そんなことにも由来があるのかな、と想像してしまいます。

まるで和紙を巻きつけたような、やさしい光を放つランプシェードの出来上がりです。

今年度の緑の探検隊は、これで終わりです。来年度の予定につきましては、後日お知らせいたしますので、お楽しみに!

桑の枝をきれいに整えて

土台を組み立てていきます

繭から出てくる細い糸はどこだろう?

完成!電源をつけると・・・!

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着記事
年月アーカイブ