GV活動日誌

雑木林活用講座 歌で雑木林を学ぼう『森の歌会』(2016.11.19)

2016年11月20日

あいにくの雨模様でしたが、からきだの道の榎戸公園にはたくさんの親子連れが集まりました。
歌で雑木林を学ぼう、とありますが、さて、どんなことをするのでしょう?
森のシンガーソングライターの山田証さんと一緒に、まずは「からきだの道」の雑木林にある樹木に語りかけ、あいさつを交わします。
それだけで、目に見えないけれど、雑木林と私たちとがつながった感じがします。

そのあとは、雑木林を周るために必要な木のカスタネットを、イラストレーターのはぎのゆきえさんと一緒に作ります。カラフルでポップなカスタネットは、雑木林との歌会が一層楽しいものになる予感がします。

カスタネットも出来上がり、からきだの道の中を歩いてみます。
雨上がりの雑木林の中は、歌のやりもらいも手伝ってか、いつもとは違う、いろんな感覚が働いているようです。それを歌を通して感じるのも、今までにあまりなかったと思います。

唐木田の地に古くから伝わるお話を読み聞かせていただき、昔から雑木林と人々は共存していたのだということにも気付かされます。
五感を使って雑木林を学ぶという、また新鮮な学びを体験しました。

からきだの道班の方々には、多大なるご協力を頂きまして、感謝いたします。



まずは木に語りかけます。

竹のカスタネット作りも楽しく

雨が止んだら、自然の声を聴いて、歌って・・・

唐木田の地に昔から伝えられているお話です

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着記事
年月アーカイブ