GV活動日誌

夏休み!昆虫?植物?夜の雑木林観察会(2016.7.30)

2016年07月31日

子ども向け雑木林体験教室 

夏休みが始まりました。ここ、グリーンライブセンターの周辺でも、子どもたちの歓声が聞こえてくるようになりました。きっと、様々な種類の昆虫を見つけて楽しんでいるのでしょうか。

そんな子どもたちに、今回は、午後6時にグリーンライブセンターに集まっていただき、夜になると昆虫はどんな生活をしているのか、観察会を行いました。

グリーンライブセンターから、都市緑化植物園沿いに観察していきますが、薄暗くなった雑木林の中では、もうセミの羽化が始まっていました。

幼虫が穴から這い出たばかりのもの、羽化が始まり、さなぎから出ようとしているもの、出たばかりで羽を乾かしているもの、今飛び立とうとしているもの、様々な状態の羽化を見学することができました。

雑木林の中では、風によって木や葉のそよぐ音に混ざって、セミをはじめとする様々な虫の声が聞こえてきました。

昆虫たちの大合唱を聞きながら、次はネムノキの観察です。

昼間は葉を広げていますが、夜は開いていた葉を閉じてしまうのがネムノキの特徴です。

さらに、カラスウリの花を観賞します。

夜になると葉を閉じてしまうネムノキとは反対の動きをするのが、カラスウリの花です。

夜になると逆に白いレース状の花を咲かせ、朝になる前にしぼむというのも、夜の観察会でしか見ることが出来ないもののひとつです。

そして、行きより暗くなった雑木林を散策しながらグリーンライブセンターに戻り、ライトトラップ(1)を見ると...たくさんの虫たちが集まってきていました。

 

夜の雑木林はいかがでしたか?

昼とは違う雑木林の中に、私たちの知らない生きものたちの姿があったのですね。そんな自然の営みを感じていただけたら嬉しいです。


(1)ライトトラップとは、光を照らして、主に昆虫などを呼び寄せるためのしかけです。光に集まる虫の習性を利用したものです。

セミが…でてきた!羽化真っ最中です

夜の雑木林は、虫の声も昼とは違います

カラスウリの花は、雲がかかっているよう!

たくさん集まりました〜!

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着記事
年月アーカイブ