GV活動日誌

花と和菓子 第1回「柏餅・宴・菫・母の日」(2014.4.6)

2014年04月06日

暖かい日差しが春の訪れを感じさせてくれる季節になりました。
今年度第1回の花と和菓子の季節の和菓子は「柏餅」、上生菓子は「宴・菫・母の日」です。

柏は古くは、食物を盛る器として大きな葉が使われ「かしきは(炊葉)」と呼んでいましたが、
カシワの葉が多く使われたために、「かしきは」が「かしわ」となり木の名前になったといわれています。
カシワは縁起の良い木として、三つ柏、抱き柏、丸に土佐柏、結び柏、丸に三柏等、カシワの葉を図案化した多くの紋があります。神社にお参りする時に「柏手を打つ」等、カシワは神事とも関係が深いようです。カシワの花言葉は、勇敢・歓待・独立・愛は永遠に、愛想によさ、自由などがあります。
カシワの実ドングリは丸くクヌギのドングリに似ています。材は硬く狂いにくいので船材や建材、定規、樽などとして使われてきました。

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着記事
年月アーカイブ