GV活動日誌

緑の探検隊 特別編「バウムクーヘンに挑戦!」(2013.4.28)

2013年04月28日

本年度はじめての緑の探検隊は特別編として「バウムクーヘンに挑戦!」を開催しました。

バウムクーヘンはドイツ語で「木のお菓子」という意味で、中心にドーナツ状の穴のあいた樹木の年輪模様が浮き出たお菓子です。

木の年輪は、どこからできるのでしょう?木の中心?木の全体?木の外側?探検隊たちに質問してみると答えはバラバラ・・・。正解は、
木の外側の樹皮との境目に形成層があり、そこで年輪が作られます。
まずは、バウムクーヘンの生地をつくります。
卵・バター・薄力粉・ホットケーキミックス・砂糖・牛乳をまぜ合わせ、冷蔵庫で寝かせます。

その間に、焼き場の準備です。
ドラム缶で作った炭置台に火をおこし、節を平らにして、爆発を防ぐために節ごとに穴を開けた孟宗竹
をあぶり、油抜きします。
油抜きが終わったら寝かせておいた生地をかけては焼き・・・かけては焼き・・・
予定時間を大幅にすぎても皆さん完成をめざしご協力いただきました。
その結果、目標だった樹齢20年?の立派なバウムクーヘンの完成です。

焼きあがったバウムクーヘン壊さないように竹から外すと、皆さんから拍手が!

小さなお子さんから5年生のお兄ちゃんたちまで、みんながんばりました!
また長時間お手伝いをしてくださった保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。

次回は、5月26日(日)「草木で布を染めてみよう!」です。お楽しみに!

回転が止まらないように、生地を流しかけ焼いているところです。

完成したバウムクーヘンを囲んで記念撮影です。

どうやってはずすの?答えは・・・。

何層も何層も重ねて作り上げたお菓子の味はいかがでしたか?

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着記事
年月アーカイブ