ガーデンダイアリー

せいせき朝顔市の朝顔(2018.7.15)

2018年07月15日

先週末、毎年恒例の「せいせき朝顔市~第36回ふるさと多摩夏まつり~」が開かれました。

会場の聖蹟桜ヶ丘駅西口の広場には、地元の農家が丹精込めて育てた約1,000鉢の苗が並びます。
また、朝顔の伝統的な栽培技術を広めたいと、地元農家が育てた苗を市民に譲り、そこで育てられた朝顔の展示会も同時に開かれています。


恵泉女学園大学では、5年前から学生有志がこの催しに参加・協力し、「朝顔プロジェクト」を立ち上げて今年も30鉢の苗を育てました。
また昨年から、咲いた花からタネを自家採種し、播種・育苗して行灯仕立ての鉢を育て、「朝顔の栽培を通して園芸の楽しさを知ってもらいたい」と活動しています。

今、グリーンライブセンターでは、そちらに出品された苗を販売しています。
さわやかに夏を彩る朝顔の苗、一鉢いかがでしょうか。

◎行灯仕立て 1,200円
(農家から譲られた苗を恵泉で育成したもの、昨年の苗から採取した種を育てたもの)

◎ポット苗 100円(昨年の苗から採取した種を育てたもの)


★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

せいせき朝顔市の朝顔を販売中

見た目にも涼やかなアサガオ。行燈仕立てで1鉢1,200円。

こちらの苗は、昨年の花からとった種を播いたもの(1鉢100円)

「朝顔プロジェクト」とは

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
新着記事
年月アーカイブ