ガーデンダイアリー

2013年11月23日

2013年11月23日

" 冬支度 "
昨日は二十四節気の「小雪(しょうせつ)」。「遠い山嶺の頂きに雪が眺められ、冬の到来を目前に感じる頃」とのこと。10月の末まで最低気温が10℃を切ることがほとんどなかったのに、今は午後3時を過ぎるとスッと冷え込んできます。

散策路では、ヤマボウシの赤や黄色の葉が短い秋を彩っています。これから、メタセコイアが鮮やかな茶色に変化していきます。

紅葉(黄葉)だけでなく、秋になると花や実の色も変わってくるようです。
フウセントウワタの実も渋い赤色に、夏場はほとんど白色に近いカラミンサも、この時期になると淡い紫色になります。

ウッドデッキ脇のちいさな見本園では、カブ・ブロッコリー・ほうれん草・白菜・サニーレタス・からし菜など冬野菜が植えつけられ、早速ヒヨドリの格好のごはんになっているようです。


今年は夏が長かったので、秋はあっという間に駆け抜けて行ってしまいそう。もう冬はすぐそこまで来ています。


 ★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

散策路の赤や黄色のヤマボウシ

フウセントウワタもほんのり色づいています

カラミンサ。秋になると淡い紫色に

小さな畑も冬支度

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ