ガーデンダイアリー

2013年6月16日

2013年06月16日

ムシムシしたお天気が続いていますが、今日は午後から陽が指してきました。心地よい風も吹いて、閉館近くなってからお客様がたくさんいらしています。

梅雨の晴れ間、庭の草木もいきいきと輝いて、皆さん思いおもいにのんびり散策していらっしゃいます。

-----
一番下の写真の黒くて丸いものは、15日(土)の「炭団(たどん)づくり」講座で作った炭団です。

「たどん(炭団)」は、木炭の運搬や利用の際に出た炭の粉やクズをまとめて、つなぎを混ぜて丸く固めた燃料です。火力は強くはないのですが、じわじわと燃焼し続けるので暖房や煮物調理などに利用されたそうです。

講座では、林業試験場などで永年炭焼きに関わってこられた杉浦銀治氏をお迎えし、日本の林業や炭にまつわる貴重なお話を伺ったり、童心にかえって「黒いおだんご」を作って楽しみました。

午後になってお客様が増えました

満開の四季咲きアカシアをぱちり

水琴窟。しずくの響きに耳を澄まして

マックロクロスケみたいな炭団(たどん)

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新着記事
年月アーカイブ