ガーデンダイアリー

2013年3月3日

2013年03月03日

おだやかな桃の節句になりましたね。

庭には、クリスマスローズの飾り棚ができました。中には、2~3月に咲き始めるヘレボルス・オリエンタリスの園芸品種が飾ってあります。

オリエンタリスは環境への適応力が高く、この種を交配親に様々な色や形の園芸品種が作られています(オリエンタリスハイブリッドと呼ばれる品種群です)。

欧米では、イースターの前の「レント」の時期に咲くので、「レンテンローズ」の名で愛されています。


一方、庭のカツラの木の下のヘレボルス・ニゲルは、今が盛りです。12月には寒さでちぢこまっていた花を大きく広げて元気に咲いています。

「クリスマスローズ」という呼び名は、本来クリスマスの時期に咲き始めるニゲルを指すのですが、日本ではオリエンタリスも含めてクリスマスローズと呼ばれているそうです。


 ★★右の写真をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます★★

オールドアメリカン風な雰囲気の棚

うつむき気味のたおやかな花

こちらも下からパチリ。

庭で満開を迎えたヘレボルス・ニゲル

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
新着記事
年月アーカイブ