ガーデンダイアリー

3月9日

2012年03月09日

グリーンライブセンターではクリスマスローズの鉢がたくさん並び、'プチクリスマスローズ展'のようです。

日本では、「クリスマスローズ」と呼ぶほうが一般的ですが、本来「クリスマスローズ」は、ヘレボラス属の中の「ニゲル」という種につけられた名前で、12月末のクリスマスの頃に咲く白いほうのことを指します。

それ以外のものは「レンテンローズ」と呼ぶのが正式な呼び方です。 「レント」の時期に咲くのでこの名前がついたそうです。

「レント」というのはカトリック教会などの西方教会において用いられている暦で、「復活祭の前5週間」を指す「受難節(レント)」で、2~3月頃のことです。
ちなみに、レンテンローズの和名は「ハルザキクリスマスローズ」です。

 

レンテンローズには、一重咲きや八重咲き、色や花の中の模様の違いなど、様々な種類があり、各地でクリスマスローズ展が開催されていますが、お気に入りのものをコレクションすると、'マイ'クリスマスローズ展が楽しめますね。

 

« 3月8日  | メインページ |  3月10日 »

このページを他の人と共有する

 

このページのトップへ

<< 2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
新着記事
年月アーカイブ