2010年11月18日

翻訳を通して文学の「心」や英語圏の歴史と文化も学ぶ 英語コミュニケーション学科

2010年11月18日  投稿者:英語コミュニケーション学科4年生 高橋 悠里 ゼミ/授業名:翻訳論

古賀林先生のこの授業では、様々な英語の文章に触れる機会があります。
子供むけのお話や一般的な短編小説から、堅い新聞記事、エッセイ、音楽評や映画評といったノンフィクションまで、英文を日本語にしていきます。

この英語から日本語に訳すという作業は、今までやってきた和訳とはまったく違います。  ただ訳すのではなく、登場人物の性格や感情、文章を書いた筆者の狙い、読者の視点まで考えて日本語を選んでいく作業は、とても面白いです。 英語の読解力もつきますが、何より日本語の奥深さも知ることができる授業です。

翻訳を通して文学の「心」や英語圏の歴史と文化も学ぶの続きを読む

  • オープンキャンパス
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 海外留学
  • オープンキャンパス
  • 「生涯就業力」を磨く
  • 海外留学
upBtn