「熊本震災募金」支援先団体報告会開催のお知らせ

2016年06月10日

◇◆◇◆恵泉女学園大学「熊本震災募金」支援先団体報告会◇◆◇◆

4月14日午後9時26分に熊本県で発生したマグニチュード6.5(最大震度7)の地震は、熊本をはじめとする九州地方に大きな被害をもたらしました。これに対し、恵泉女学園大学でも寄付を集め、4つの団体に支援しています。今回の報告会では、このうち2つの団体から報告してもらいます。

『明日に向かって!』は、現在益城町内の3つの介護施設に介護福祉士の派遣を行っています。いずれの施設も、震災の影響で他地域への転居を余儀なくされ退職した職員や、自宅が被災したことによる精神的ショックで就業することができなくなった職員の退職などがあり、人員不足が続いています。このような状況を少しでも改善するため、これまで集めた寄付金で延べ23人の介護福祉士を現地に派遣してきました。

『水俣病被害者互助会』は、恵泉卒業生の谷さんが関わっている団体で、食料支援や熊本学園大学と協力して避難場所の運営などを行っています。
地震から2ヶ月が経ち、メディアの扱いも少なくなりましたが、家屋の崩壊がひどく、まだ多くの方々が避難所での生活を余儀なくされています。
現場からの最新報告です。ぜひ聞きにきて下さい。お待ちしています!

【概要】

日時 2016年6月15日(水) 12:30ー13:30
場所 恵泉女学園大学 G101教室

プログラム

  • 報告1 『明日に向かって』 原征治さん
  • 報告2(ビデオ)『水俣病被害者互助会』 谷由布さん(卒業生)

問い合わせ先:高橋/国際社会学科(kiyo@keisen.ac.jp

  • HOME
  • その他
  • 「熊本震災募金」支援先団体報告会開催のお知らせ
upBtn