武田徹教授の鼎談が雑誌『外交』7月号に掲載されました

2011年08月03日

外務省発行の雑誌『外交』7月号に掲載されました。
特集「3・11以降の「原子力」」
鼎談 日本人は核をどう論じてきたのか
鈴木達治郎(原子力委員長代理)×武田徹(恵泉女学園大学教授)×水野倫之(NHK解説委員)

『外交』は日本で唯一の外交問題・国際関係論専門のオピニオン誌。国際社会の中で、日本の外交はどうあるべきか。
内外の著名な筆者が問題の核心を鋭く分析、世界の動きがリアルにつかめる情報を満載しています。

関連リンク

  • HOME
  • メディア
  • 武田徹教授の鼎談が雑誌『外交』7月号に掲載されました
upBtn