チャペルアワー(週日礼拝)

写真1木曜日を除く月曜から金曜日まで、チャペルで行われています。教職員、学生が聖書に基づいたメッセージを語ります。

場所:チャペル
時間:10時30分~10時55分
※礼拝の予告は、毎週水曜日発行のチャペルアワーニュースとキリスト教センターの掲示板をご覧ください。

礼拝内容

ここで紹介する礼拝内容は、ふだん大学で行われているチャペルアワーをモデルにしたものです。特別礼拝や教会で行われている礼拝内容に比べシンプルなものですが、礼拝出席時の参考にしてください。

礼拝では、心を静め、メッセージに耳を傾けたいと思う方の迷惑にならないよう、私語や礼拝堂への頻繁な出入りはしないようにしてください。また、携帯電話の電源は切りましょう。

音楽礼拝などでは、すばらしい演奏に拍手したくなるときがありますが、礼拝としての演奏ですので、拍手はご遠慮ください。

前奏

礼拝はオルガンの前奏で始まり、後奏で終わります。チャペルへの出入りは静粛に、着席後は心を静めて黙想してください。できるだけ前の方から座ってください。

讃美歌

讃美歌は、神を賛美する歌で、礼拝の中ではとても大切な役割を担っています。初めて讃美歌を歌う方も多いかと思いますが、よく聴いて、歌の途中からでも心を込めて歌ってください。
讃美歌は『讃美歌21』を使用します。

聖書

その日の礼拝を担当される方が、思いを込めて選んだ箇所が読まれます。共に聖書を開き、黙読してください。

メッセージ

選んだ聖書箇所に関わりの深いメッセージが、教職員、牧師、学外の講師、学生によって語られます。

祈祷

祈りとは、神との対話のことです。静かに祈りの言葉に耳を傾け、その祈りに心を合わせてください。祈りの終わりに「アーメン」と唱えますが、これは「まことにそのとおりです」という意味のへブル語です。

後奏

後奏によって、礼拝の恵みをもう一度思い起こし、それぞれの生活の場へと派遣する意味を持っています。

upBtn