恵泉女学園大学

MENU
キリスト教センター

オルガン製作所からのメッセージ

私どもの製作したオルガンは、明らかにオランダの伝統に基礎を置いております。しかし、日本のオルガニストの皆さんが、驚くほど心地よく見事に演奏されるのを聴くたびに、私どものオルガンの特性が皆さんによってよく理解され、その魅力を十分生かしていただいている事実も同時に知るのです。こう申し上げるのは、私どもから皆さんに対する敬意と賞賛の表れとしてお受け取りください。
日本でオルガンを設置することは、私どもにとって非常に感動的なことです。今から後、恵泉女学園大学の皆様にも、このオルガンによって感動を与えられ、さらにそれが、良質の音楽を学び、追い求める機会となるようにと心から願っています。

ライル氏(左)とハン・ライル氏(右)の写真親子で社長を務めるライル兄弟オルガン製作所のハンス・ライル氏(左)と、整音のスペシャリストでもあるハン・ライル氏(右)